ボランティアで、より「多文化」を楽しもう!

 

多文化フェスティバルは、多くのボランティアによって支えられています。異文化交流を「外から楽しむ」だけでなく、「自ら場を作り、楽しむ」こともできるボランティアに、ぜひあなたも参加しませんか?

 

 

 

 

 

〈事前準備〉

11/3、11/6 看板作り

11/20     かざり作り、カフェの下ごしらえ

11/22         民族衣装の前撮り

 

興味ある方や時間がある方、ぜひご参加ください!

よろしくお願いします!!

2016年度ボランティア募集チラシができました。

 

「外国語ができなくても、日本語がうまくなくても大丈夫!」

外国の方にも手にとっていただきやすいよう、ふりがなをつけています。

 

事前準備、当日ボランティアからえらべます。もちろん両方でもOK!

事前準備ボランティアの活動日は10月はじめに発表します。

 

ボランティア募集チラシ(ダウンロードにはAdobe Readerが必要です)
多文化フェスボランティア募集チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 510.7 KB
ボランティア応募用紙
直接入力できる、excel様式のファイルもあります。希望の方はメールにてお知らせください。
多文化フェス_ボランティアエントリーシート2016.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 96.0 KB

* * *

ボランティアに参加した人の感想

 

・子どもから大人までいろんな人に出会い、たくさんの笑顔がみれたのでよかったと思いました。(10代、中学3年)

 

・子どもが多く、ハーフの子や外国人の子がいて、みんなすごくフレンドリーで、異文化交流の理想であると感じた。(10代、高校1年)

 

・インドネシア料理のブースに参加したが、外国の全く見たことのない料理に興味を持ってくれた人に対して、片言の日本語で懸命に説明していて、伝えようとする意思の強さを感じた。(10代、高校1年)

 

・こどもや外国の方といった、ふだんあまりかかわりのない人との出会いがあったのでよかった。韓国語の講師をしていた留学生とたくさん話しました。(10代、大学2年)

 

・ボランティアの方1人1人がこのおまつりのために頑張っている姿が印象的だった。(10代、大学2年) 

 

・言語は伝わらなくてもこちらから歩み寄れば色々な方と交流することができること。言葉が話せればなお良し。(20代、大学4年)

 

・状況をあまり良く理解していない中でもその場で即対応しているのが良かったと思います。(30代)

 

・とても一生懸命で地域のイベントに育っていると感じた。(40代)

 

・楽しいと語る。年輩の方々とこども、若者、外国語者皆でがんばっている。ボランティアは各出番があり、良いイベントだ。(60代)

* * *
主催・お問合せ

 

多文化フェスティバル深江 実行委員会

 

〒658-0022

兵庫県神戸市東灘区深江南町4-12-20-201

TEL/FAX 078-453-7440

E-mail:tabufes@yahoo.co.jp

URL:http://tabufes-fukae.jimdo.com

お申込み、お問合わせはこちらから

メモ: * は入力必須項目です